医療法人社団ペリオ会 宮田歯科医院 厚生労働省認定・歯周病専門医 〒165-0025 東京都中野区沼袋1-44-2 西武新宿線沼袋駅より北へ徒歩1分 TEL.03-3386-6605
院長プロフィール

宮田 隆 院長(歯学博士)プロフィール

院長
1950年生まれ
都立富士高校を経て、日本大学歯学部卒
日本大学歯学部歯周病学講座助手を経て
1996年 明海大学教授(歯周病学講座)
1998年 明海大学病院病院長
2002年 明海大学退職
2002年 特)歯科医学教育国際支援機構設立・理事長に就任
2002年から現在に至るまで、東ティモール、ラオス、カンボジアなどで国際医療貢献に従事。JICA、外務省、トヨタ財団、東京都などの助成、支援を受け各国で歯科・口腔保健を普及し、また、カンボジアのヘルスサイエンス大学では歯周病専門医25名を育成し、カンボジア政府から高い評価を受けた。また、ラオスではヘルスサイエンス大学の大学院や技工士学校の設立に尽力した。その功績が認められ、
2015年 保健関係では最も権威ある「ヘルシー・ソサエティ賞」を歯科界としては初めて受賞した。
2016年には、歯周病の研究、教育、臨床において最も権威のある「日本歯周病学会・学会賞」を受賞。歯周病専門医として最高位の賞を受賞した。
宮田院長は膨大な基礎医学あるいは臨床知見から独自の歯周病治療を開発・実践している。まず、全身から歯周病を診断し、噛み合わせや合っていない入れ歯や冠が歯周病の進行に与える影響を見つけ出し、何より快適なお口の中の環境を治療の第一義として考えている。また、宮田院長は基本的に歯は抜かないことを治療の基本にしている。少々揺れている歯でも、歯にこびりついた細菌の塊を徹底的に除去し、プラーク(食べ物のカス)や噛み合わせ、調和のとれた良い入れ歯や冠を入れる事で抜かずに済む事を膨大な臨床例から実証してきた。また、独自のメインテナンス・プログラムは、このプログラムを実践した患者さんの再発、再治療は5パーセント以下という高い成功率を維持している。

現在

(特活)歯科医学教育国際支援機構理事長
日本大学客員教授
東京医科歯科大学非常勤講師
カンボジア・ヘルス・サイエンス大学歯学部常任教授
ラオス国立大学医学部客員教授
中国第四軍医大学客員教授
メキシコ州立自治医科大学客員教授
新東京歯科衛生士専門学校非常勤講師

専門

歯周病学、インプラント学、感染症学、国際医療貢献など

最近の著書

最近の著書
「歯周病の本当に怖ろしいわけ」
医歯薬出版 宮田隆
最近の著書
「中高年からのしあわせライフ・いまからはじめる口腔ケア」
学建書院 編著 鴨井久一・宮田隆
最近の著書
「老けない人は歯が違う」
草思社 宮田隆
最近の著書
「ポル・ポトのいる森」
新風舎 宮田隆
最近の著書
「プリベンティブ・ペリオドントロジー」
医歯薬出版
最近の著書
「国際貢献」
医療に携わる人たちのために
ヒョーロンパブリッシャーズ
最近の著書
「歯周病予防のストラテジー」
医歯薬出版
最近の著書
「口腔と全身疾患」
クインテッセンス出版
最近の著書
「Er:YAGレーザーの基礎と臨床」
第一歯科出版
最近の著書
「歯周治療・インプラント治療におけるEr:YAGレーザーの使い方」
医学情報社
   

他、著書40冊以上、学術論文300編以上



pagetop